雑記多感

zakkitakan.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

炎上舞台

b0079661_20003415.jpg

昨日、連れ1と観に行ってきました。
「BURN the FLOOR Joy of Dancing」ソワレです。
タイトル部分が黒くなっちゃってますが箔押しです。

マキハラコンサートの時に、連れ1が唐突に「これ観たい」と言い出しまして。
漫画の「10DANCE」とコラボしてるようで、マキハラの時のチラシ束に入ってたチラシの中面に漫画が載ってたんですよ。
連れ1は漫画を読んでるので「このチラシ欲しかってん」とか言ってました。
私は読んだことありません。

まあ、ダンスは好きだし、ダンスショーってのを一度観てみたかったので、フェスティバルのオフィシャルでチケット取りました。
ほら、何せお値段高いから(笑)。
プレイガイドだと追加がいろいろ付くでしょう?
オフィシャルだと座席選択も出来るし、発券手数料だけだし。

というわけで、S席1階17列9・10番で観てまいりました。
あ、そうそう、初めてフェスティバルの緞帳を見ましたよ。
あんなに和風だったんだ・・・。

舞台は、もうとにかく凄かった( ̄▽ ̄;)
プロのダンサー素晴らしすぎます。
公演は休憩20分含む2時間5分。
場面場面の間がとても短く、暗転も数えるくらいしかないめまぐるしいショーでした。

始まる前に撮影OKな時間がありまして。
ダンサーさん達が客席から舞台に向かって、ファンサしながらゆっくり歩いてくれるんです。
2幕の前もそんな感じでした。
今から撮ってOKっていうアナウンスはないんですけどね。
劇場入り口に「撮影可能な時間があります」って張り紙がしてあっただけ。
よく分からなかったので、写真は撮ってません。

最初は優雅なワルツから始まりました。
そこにラテン系のダンスが絡んできて、押したり引いたりでどんどん盛り上がって行く演出。
そのラテン系のダンスがビートを刻む振り付けで、とてもカッコよかったです。
空手っぽい振りもあったりして、あれは日本公演だからなのかしら。

どのシーンもストーリー仕立てになってました。
生バンドとボーカルがいるので、いろんな洋楽の歌が出てきましたけど、私はほとんど分からんかったです( ̄▽ ̄;)
マイケルは分かりやすかったけどなぁ。
曲自体は知りませんでしたが、曲調はすぐわかりますから。
おまけに男性ダンサーがいかにもな衣装だったし(笑)。

私は10DANCEはよく知らんのですけど、曲とステップ見てたら大体の種類は判別出来ました。
やっぱりああいうショーなので、ラテンが多いですね。
客席もめちゃめちゃ盛り上がってました。

ダンサーさん達は男女とも色気が凄いですな。
普段爽やかなお色気(笑)しか見てないので、ああいうむき出しの色気ってのには免疫が少ないです( ̄◇ ̄;)
まあ、ペアダンスってのはもともとそういうもんだしねぇ。

男性ダンサーは飛び抜けてって人はいなかったんですけど、女性ダンサーにはもの凄い人がいましたです。
一人はベリーショートの黒髪の方。
パンフで調べたら、ローレン・オークレイという人でした。
もう一人髪の長いウェービーヘアの人もいましたが、パンフでは誰かわからんかったです。
あとナンシー・シュウっていうメンバー唯一のアジア系の人も凄かったです。
この3人が常に目を引いてたんですが、中でもローレンさんがずば抜けてましたねー。
めちゃくちゃカッコよかったです(〃▽〃)

しかし、プロダンサーの体力ハンパないわ。
運動量にしたらヅカのショーの3倍くらいありますよ、あれ。
比べること自体間違ってるとは思いますけど( ̄▽ ̄;)
リフトも随所に大技入れてくるし、くるくるくるくるくるくる回るし(笑)。
わしらダンスショーは不慣れなので、拍手のしどころとかよくわからんかったんですけど、リフトでくるくる回るとこはやっぱり拍手が出るんですね。
派手なピルエットとかは拍手が起こるのは知ってましたけど。
その辺はバレエとかと一緒なのかな。

撮影タイム以外にも客席降りや登場の多いこと。
どのシーンだったか忘れたけど、通路でリフトとかもやってました。
もうダンサーさん達サービス良すぎ。

普段が動かずに観る舞台ばっかりなので、ああいうショーはどこまでが許されるのかもよく分かりませんで。
歓声上げるのはいいんだろうなぁと思ってましたが、結構みんな動いたり喋ったりしてました。
コンサートくらいに思っといていいのかしら。
注意事項に前のめりになるなってのはありましたけどね。
隣のおっさんはだいぶ乗り出して見とったけどな。
そして柔軟剤の匂いがキツくて、ちょっと気持ち悪くなりかけました。
ほんまに柔軟剤入れすぎるのやめろや(="=#)
ブレンドして喜んでる輩なんか論外だしな(="=#)
香水も自分でわかるくらいの匂いは臭いだけだからね!
劇場みたいな逃げ場のないところでは、ほんまに害以外の何ものでもないですから(`△´#)

ま、そんなことは置いといても、とても楽しかったです。
最後はまたワルツで締めでした。
最初みたいな優雅な感じではなく、ギンギンのロック調でしたけど。

アンコールでは3曲ほどやってくれたのかな。
みんなスタオベ早すぎるし(笑)。
カテコも撮影可能みたいでしたね。
周りでスマホ構えてる人多かったし。
リピーターなのか、そこはあかんのちゃう?ってところぐらいから動画撮影してる人もいましたけど。
わしら初心者なので何とも分からんです(^_^;)
つか、本気で写真撮るならカメラにすればいいのに。

ダンスショーもたまにはいいかもなー。
アイリッシュダンスも見てみたいんですよね。チラシ入ってた。
まあ、どれもお高いので、そうそう見に行けるもんではないですけど。
昨日のエキサイティングシートの人は撮影会とかも付いてたようで。
2万くらいしてましたけどね。
とりあえずは本業をしっかり観てからですなー。

さて、来週はようやくムラです。
丸々1ヶ月空いてしまいました。
いやね、外部3回分でヅカS席4回観られるのに気づきまして。
ほんまに来年は外部抑えて、その分ヅカに投資しようと反省しました。<来年からかよ
年末の総括が怖いわ。

花組がなかなか取れなくてですね。
天草四郎、そんなにみんな観に行きたいんか。
まあ、ビジュアルあれじゃ仕方ないよね。
プレイガイドで何とか引っかかってくれることを祈ります。
[PR]
by 106yumeno | 2018-05-27 21:29 | 舞台・コンサート・イベントなど | Trackback | Comments(0)

星組並みに笑いました

b0079661_06180350.jpg

今日は出勤しておりました。
そして、午後から組合女性部の学習会でシルクスクリーンの体験学習をしてきましたのです。
面白かったです。あの枠のキット買ってもいいなぁ。
ほんとは学習会終わった後も仕事に戻ろうと思ってたんですけど、午前中にソフトは固まりまくるは、ファイル保存しようと思ったら落ちまくるは、原稿開こうとしたらワードとエクセルのくせにやたら時間かかるわで、精神的に大変よろしくない状況だったので午前中で見切りをつけた次第です。
会社のサーバーが日曜日にフルバックアップ取ってる影響だと思うんですけど、ほんま、ええかげんにせーよ(ー"ー#)

そんなことは置いといて。
昨日、早霧さんの退団後初舞台「WOMAN of the YEAR」を観に行って来ました。
大阪初日です。
K田と一緒です。ほら、相手役ばっちさんだから(笑)。

チケットはK田にばっちさんのファンクラブで取ってもらったんですけど、なんとドラマシティ1列目でございます((((;゚Д゚)
いつものごとく端っこだけどね。12・13番です。
人に取ってもらっても端っこなのかよ、わし(= =;)
ものすごく舞台が近くて、マイクよりも生声がはっきり聞こえる距離です。
しかしまぁ、ピンポイントで役者さんを観るにはいいんですけど、全体を観るには結構しんどい席でした。

ビギナーの頃は大劇場でも1桁列は結構座ってたので、懐かしい距離感でしたけど。
最果てでも実質1列目とかあったしなぁ。
今ではそんな席とんと当たらなくなってしまいました。
人をハメるためにだけ機能する宝塚ビギナーズラック・・・恐ろしい(- -;)

お芝居はめちゃめちゃ面白かったです。
脚本的ツッコミどころはいろいろあるものの、それがあんまり気にならないくらいテンポよく絶妙なタイミングで笑いを取っていくキャストの面々。
コメディなのは知ってましたけど、あんなにガチだとは思わなんだ。
星組レベルで大笑いさせていただきました。

ストーリーはキャリアウーマンで超有名人なニュースキャスターのテスと漫画家のサムが一目惚れ(でいいんよね?)で恋に落ちて即結婚して、8カ月で旦那が出てっちゃって、大騒ぎした挙句よりを戻すというもの。
ハッピーエンドではありますが「それでより戻っちゃうんだ・・・」って感じはものすごくしましたね(笑)。

脚本うんぬんはともかく、ちぎちゃんがとっても可愛かったです。
めっちゃ男の子んとこもあったけどね( ̄▽ ̄;)
時々テスがガッツポーズをするんですけど、それがまた似合うこと(笑)。
立ち方も時々男に戻ってましたし。
でも何でもスマートにこなすキャリアウーマンが、ちょっとした弱いところをみせちゃう可愛さはたまらんですわ。
性転換中の元トップさんがやる役としてははまり役ですよね。
北翔さんの時もそんな感じだったしなぁ。

ばっちさんもいい感じでした。
役柄、ぷりぷり怒ってる場面が多かったですが、テスとラブラブしてるとこは中学生カップル見てるみたいで可愛かったです(笑)。
あ、そうだ、テスの友人のロシア人バレエダンサーのアレクセイが亡命して来た時には、挨拶した途端に唇奪われてました( ̄▽ ̄;)
もちろん客席からは嬌声が上がっておりましたともさ( ̄▽ ̄;)

そのバレエダンサー・アレクセイですが、本物のバレエダンサーでした。
Kバレエカンパニーの宮尾俊太郎さん。
結構尺の長いバレエシーンがあったんですけど、舞台を1周するグラン・ジュテやグラン・フィッテが間近で観られると思ってもみませんで。
とってもとっても眼福でございました。
普段は台詞なんか喋らないのに、歌も結構なナンバー歌わされてました。
バレエダンサーも大変だ(笑)。

そして、そのバレエシーンもやっぱり爆笑ものでして。
宮尾さんは素晴らしいんですけど、他のメンツが・・・・。
もう女装(男性の)祭り。
いや、ちゃんと女性のアンサンブルもいるんですけど、原田さんが・・・。
思わず「そっちかよ!Σ( ̄口 ̄;)」ってツッコまずにはいられない。
しかもおさげだし( ̄▽ ̄;)
もう原田さんには芝居の序盤からいろんなものを持っていかれました。
他が全く目に入らなくなるくらい恐ろしい人です( ̄▽ ̄;)

樹里さんも可愛かったなぁ。
いろいろバイトされてましたけど。
メインはテスの元旦那の奥さん役です。
やっぱり樹里さんは最高ですね。
NHK講座のトークイベントは行ったことあるので、生で拝見するのは2度目なんですが、生のお芝居観るのは初めてなんですよね。
ダンスもキレッキレでとても素敵でした。

しかし、1列目は舞台からの圧もすごいです。
もう二度とこんな席に座ることはないだろうと、めっちゃ集中して観て来ました(笑)。
私の目の前に取材機器の小道具が置いてあって、早霧さんがしゃがんで取る場面がありまして。
とても美しいお顔でした。
1列目で被弾してる方々の声をいろいろ聞きますが、確かにアレで目ぇ見られたりウインク飛ばされたりしたら記憶も飛ぶのもわかる気がします(笑)。
私はドキっとはしても、そんなことはならんけどな。
基本的にそういう感覚がないもので。

お話としてはちょっと重いところもあったりしますが、最初から最後まで笑いが絶えないハートフルコメディです。
もっかい観てもいいくらい。
これでまた1週間頑張れます。

カテコは4回?、5回だったかな・・・。
最初の挨拶で、早霧さんの「本日は初日をご観劇くださり、ありがとうございました」でみんなが揃ってお辞儀したもんだから、オケの方々が勘違いしたのか音楽が始まっちゃって、早霧さんがありゃーって顔して「喋ろうと思ってたのに〜」てジェスチヤーしてました(^^;)
そして、何回目か忘れたけど「ウーマン・オブ・ザ・カンパニー」って言っちゃって、樹里さんに「ウーマン・オブ・ザ・カンパニーって面白いね」ってツッコまれてましたね。
「え、そんなこと言ってました!? ウーマン・オブ・ザ・イヤー・カンパニー」って言い直してた。
もうわちゃわちゃっぷりは変わってなくてとっても可愛かったです。
もちろん最後はスタオベで。
すっっっごい楽しかったー(´▽`)

そういや、次は小池先生で「るろ剣」ですってね。
小池先生何考えてんの( ̄▽ ̄;)
観に行くけどさ、他と被ってなければ。
そしてまた外部が増えるんだ・・・(= =;)

チケットはまだ新しいのは取れてません。
ちゃぴバウ友会はもちろん落ちたし。
とりあえずいーぷらにエントリー中で、落ちたらローチケにかけます。
それで取れなかったら、ショー・ストッパーズを取ろうかなと。チケット残ってればだけど。<だから外部は増やすなと
昨日の帰りに販売してたのではかなり残り少なくなってたからなぁ。
無ければ無いでいいんですけどね。

花は友会エントリーは済ませました。
取れるといいけど無理だろうな。抽選は冷たいしねー。

とにかく今週1週間分はエネルギー充填したし、週末の「バーン・ザ・フロア」目指して頑張りますー。
[PR]
by 106yumeno | 2018-05-20 22:18 | 宝塚OG | Trackback | Comments(0)

鯛焼きの美味しい皮が食べたくて

b0079661_16164221.jpgというわけで、お昼ご飯に鯛焼きを焼いておりました。

b0079661_16224890.jpg最近、南部鉄器の鯛焼き器を買いましてね。
すでに3回ほど使ってるんですけど、まだちゃんとした鯛焼きを焼いてなかったんです。


そもそも何で鯛焼き器かと申しますと、昔実家に何故か南部鉄器のクッソ重たい一匹焼きの型がありまして。
子供の頃、それでホットケーキ焼いたりして遊んでたんですわ。
ずーっとその鯛焼き器をもらってこようかどうか悩んでた時期があって、母にまだあるか聞いてみたら処分しちゃったと。
だいたい、何でそんなもんがあったのか全く謎なんですが、私は母方の祖母が買ったんじゃないかと睨んでます。
母方の祖母は、母が結婚する前に亡くなってるので全く知らないんですが、話聞くだに、私と魂近い感じがものすごくするもんで(^_^;)
迷彩柄の帯買ったのもその祖母ですし。
何か変わったものが好きだったようです。

で、ちょっと前に駅ナカに入ってた鯛焼き屋さんの皮が美味しかったので、また食べたくなったのですよ。
型があれば自分で焼けるしー、というわけで購入しました(笑)。
あの鯛焼き屋、何て店だったかしら。
あ、皮皮言うてるのでお分かりかと思いますが、私は尻尾にアンコはいらない派です。
そして薄皮でないほうが好み。皮とアンコのバランスがいい鯛焼きが好きです。
最後は美味しい皮で締めたいの。

皮のレシピはネットで検索しました。クックパッド以外で(笑)。
わし、クックパッドのお菓子レシピは信用してないのです。
今日のはパン職人さんが上げてらした「本格薄皮たい焼き」ってレシピです。
だいたいどのレシピ見てもベーキングパウダーと重曹を両方使ってるんですよね。
白玉粉を入れたのもありました。

で、お昼ご飯と明日の朝ごはん用に塩系の鯛焼きを焼くことにしました。
ベーコン入りとベーコンとチーズ入りです。
6匹分レシピでしたが、ちょっと余ったので、7匹目に何も入ってないを焼きました。
皮はねぇ、イマイチだったな・・・。
美味しいんですけどね。
私の求めてた皮と違ってました。
はみ出し部分はパリパリで美味しかったです。

今日のは薄力粉に重曹、BP、水、牛乳、砂糖、塩、卵、サラダ油が入ってます。
ちょっとホットケーキに近い感じですね。
他の方の「もちもちたい焼き」ってのには上記に白玉粉を加えたような感じだったので、ちょっともちっとはしても似たような感じだと思います。

たぶん、私が食べたい皮は卵入ってないんじゃないかなぁ。
こないだシャーピンも焼いてみたんですけど、あれに近い皮のような気がするし。
次はNHKのサイトに載ってたレシピで作ってみようかと思ってます。
きょうの料理ではないです。「グレーテルのかまど」とかいう番組のやつ。
辻調監修だそうな。
これは薄力粉、重曹、冷水だけ。
サクサクの皮って書いてあったから、これもちょっと違うかもしれんけど。
しかもこの生地、1〜2時間寝かさなきゃならんらしいのよね。
今日のも30分は寝かしましたけど。
時間ある時でないとダメだなぁ。

買った鯛焼き器に付いてたレシピもいずれ作ってみるつもりです。
これは卵入ってますが、重曹は使ってません。

さて、次の土曜日は観劇でございます。
その前に歯医者行かなきゃならんくなったけど。
こないだの3カ月検診で、めっちゃちっちゃい虫歯が見つかりまして。
まだ黒くなってないやつだから、ちょちょっと削って詰め物するだけなので1回で終わります。

今後のチケットは花の夢組は落ちました。
今、ちゃぴバウ友会と宙のセディナ貸切にエントリー中。
月エリザはそろそろ夢組来るかなぁ。
雪ファントムはセディナ貸切を何人でエントリーするか確認中です。
宙バウももうすぐだし、こうやって書いとかないと自分で何かけたか分かんなくなるんですよ( ̄▽ ̄;)

ここんとこ仕事もいろいろ被っててぐっちゃぐちゃなもんで、記憶が相当怪しいです( ̄Д ̄;)
今週も追い込めるだけ追い込んどかないと回らなくなってるし。
ちょっと休出当てにしてた土日を挟んだ仕事も、次の土日はどっちも用事入れてるのを思い出して焦っております。
日曜の午前中だけなら空いてるんだけどな・・・。
いかんな、やっぱどっちか空けとかんと身動き取れなくなるわ(= =;)
これから先は気をつけますー。
[PR]
by 106yumeno | 2018-05-13 17:38 | 食いもん | Trackback | Comments(0)

初節句(^O^)

b0079661_18295843.jpg

男の子の日〜。ということで、鶴さん初節句でございます。
急に体重が増えたので、かなり丸々しております。

病気とかになってんじゃないだろうな・・・。
外見で分かる限りはおかしなとこはないから、単に太っただけかもしれんけど(= =;)

鶴さんがウチに来てから約半年。
毎日元気に暴れております。
寒い時は全然出て来てくれなかったけどね(´д`)

白いので柏餅にするべく挟んでみたんですが・・・。
b0079661_18295794.jpg案の定、全然じっとしてなくて(ノд`)

b0079661_18295731.jpg挟み直してもすぐに抜け出そうとします。

b0079661_18295778.jpgこれはまだちょっとマシかしら。
暴れん坊には無理な話でしたので、早々に諦めました(ノд`)


b0079661_18443185.jpgそして、今日は殿兜と記念撮影。

b0079661_18444950.jpgやっぱりかじってみなきゃ気が済まんのか・・・。

b0079661_18295863.jpgそして、なぎ倒して

b0079661_18295814.jpgよじ登る。

だいぶ撮ったんですが、最初に載せた写真が一番可愛く撮れたヤツという情けなさです。
暴れん坊でもいい、元気に長生きしてちょうだい。
本当に最近はなかなか2年生きる子がいません。
ペットショップの店員さんに聞いても、2年生きる子は長生きな方だと言ってました。
交配を重ねて種として弱くなってきてるのかもしれませんね。

これから初めての夏を迎えますので、出来る限り快適に過ごせるようにしてあげようと思ってます。
頑張れよー。

話変わりますが、健康診断に付けたアレルギー検査の結果が来まして。
b0079661_18594171.jpg39種の検査だったんですが、もののみごとに全て「0」。

・・・なんか腑に落ちん。
いや、とても幸せなことなんですけど、子供の頃からアトピー持ってて、ずっとアレルギー体質だって言われてたもので。
これ見た時は「ほんまに検査してる!?」って思ってしまいました。

外側のアレルギーは金属と紫外線があるのは分かってるんですけどね。
そしてキウイとか剥くと痒くなる。
今も、こないだ外に長く出てたせいで、手に太陽疹がいっぱい発生して痒いのでございます。
金属の方はそんなにひどくはないので、普通のメッキがダメならくらいで、シルバー925とプラチナと18K以上なら大丈夫です。
最近ピアスはチタンポストがかぶれるようになっちゃったけど。

アトピーは、20年近く前にたまたま出会った「対葉豆」っていうバリのハーブティーが体質に合ったようで、ほとんど出なくなりました。
それからずーっと飲み続けてて、今もお世話になっております。
もしかしたらアレルギー出てないのはこれのおかげかもしれません。
健康診断の結果も、子宮筋腫がちょびっと見つかったのと、血糖が基準値から1だけ多かったくらいで、他は全然異常なし。
いつものことながら、丈夫に産んでくれた両親に感謝でございます(´人`)
あ、骨密度は低かったから、これ以上下がらないように気をつけねば。

変な数値を表示するようになってた体重計も買い換えたし、鶴さん共々元気に過ごせるよう頑張りますー。
[PR]
by 106yumeno | 2018-05-05 19:29 | ねずみ | Trackback | Comments(0)

凄いらしい怪人を観て来ました

b0079661_21213539.jpg

初、劇団四季〜ヽ(´▽`)/
「オペラ座の怪人」を観て来ましたー。連れ1と。
場所は京都劇場。13時公演です。

b0079661_21213648.jpg京都劇場も初めて行きました。
規模的にはドラマシティくらいなんですね。
横が狭くて縦に長い劇場でしたわ。
座席は1階M列26・27番。安定の端っこです(笑)。


四季もチケットは安い方ですが、プログラムはそこそこ高かったです。
1800円。
まあ他の外部に比べれば安い方かしら。
ヅカの1000円に慣れちゃうと、どこでも高いですな(^.^;)ゞ

「オペラ座」は映画をDVDで観ました。
観たと言うてもだいぶ前だし、その後観た“らんトム”に上書きされちゃってるとこあるので、ちょっと記憶が混ざってました。
「オペラ座」と「ファントム」は別物ですけどね。
連れ1はどっちも見たことないので、内容はものっっすごい大雑把なことしか知りません。
だいぶ、ぽっかーん(・・)な舞台だったようです(^_^;)

四季版はかなり映画に近いってのと、シャンデリアが客席の上を通過するって聞いてたので楽しみにしておりました。
ただ、「京都劇場は小さいから客席の上は通らないかもね」ってことも聞いてたんですけど、ちゃんと通りましたよー。
舞台装置がとっても面白くて、すごく楽しかったです。

芝居は歌だらけ。
まさかあそこまで歌が多いとは思ってませんでした。
なんかオペラ観てるみたいだった。
映画ってどうだったっけか・・・。
もちろん歌は素晴らしかったですよ。

あ、今日のキャストは、怪人・佐野正幸さん、ラウル・北澤裕輔さん、クリスティーヌ・苫田亜沙子さんです。
相変わらず役者さんはさっぱり分かりません(^.^;)ゞ
怪人の佐野さんとカルロッタ役の河村彩さんが、本当にオペラな歌い方だったので、ちょっと歌詞が聞き取りにくかったかな。
なんせ、わしらオペラ慣れしてないので、耳がついて行かんのです。
台詞にもほぼ節がついてました。
一応エリザとか王家とかこうもりとか、ヅカでもオペラっぽい舞台は観て来てますが、ここまでのはなかなか無かったしなぁ。

前に「四季は歌の歌詞をはっきりお客様に伝えることにこだわっている」っていうのを何かで読みまして。
確かに歌ははっきりしてて、歌詞も聞き取りやすかったですけど、その記事に「その分芝居が弱い」っても書いてあったんですよね。
そうかも。
普通の台詞の芝居部分も少しありましたが、その部分の演技は、ちょっと「うーん(^_^;)」って感じでした。
台詞に感情があんまり乗ってない感じ。
歌は情感たっぷりでいいんだけどなぁ。

圧巻だったのは舞台装置。
最初のオークション場面から、当時のオペラ座に戻っていくところとか見事でしたねー。
怪人に住処のとこでは床からにょきにょきロウソクが生えてくるんですけど、あれ、どうやってるんだろう。
オペラで確認しようとしましたが、スモークが焚かれてたので、床部分が確認できませんでした。
根元は床に埋め込まれてるのかしら。
引っ込んだ後はフラットになってたしなぁ。

シャンデリアは客席10列目くらいの位置に吊られてまして、落ちてくる時は思ったよりスローでした。
もうちょっと速いかと思ってたけど。
まあ、あの大きさのものを客席の上通すんだから、スピードは出せんわな。
1幕の最後で落ちてくるので、幕間休憩中に元に戻されてたみたいです。
ロビーに出てたので戻されるとこは見られませんでした。
吊り上がって行くのはオープニングであったので同じでしょうけどね。

京都劇場って火が使えるんですね。
怪人が墓地の場面で火の玉飛ばしてたし、消える時とかにも火花上がってたりしたし。
火の玉は結構セットの近いとこに飛んでたから、ちょっとヒヤヒヤしました。
その辺はちゃんと導線使ってるから大丈夫でしょうけど。

あと、鮮やかだったのは、最後に椅子に座った怪人が消える仕掛け。
あれはやっぱり椅子の下に抜け穴がついてるんだろうなぁ。
すごい狭そうだけど。
もう、舞台装置の裏側見たくてしょうがありませんでした。
四季のそういうメイキングビデオとか番組みたいなの無いのかなぁ。
奈落とかどうなってんのかめっちゃ見たいわ。

幕間やら終演後やらにリピーターらしき方々の会話を聞いてたら、やっぱり劇場が狭いらしいですね。
四季劇場ってどのくらいの規模なんだろう。
いずれ行ってみねばな。
そして「これは歌を聴くための舞台だから」と言ってる方もいらっしゃいました。
確かに「エリザ」みたいなもんなのかもなぁ(^_^;)
話の内容としては、クリスティーヌがひどい女というくらいで、そこまで面白いものでもないし(笑)。
もっかい映画見直してみようかなぁ。
あと「ファントム」も和央さん版あたりを。
今度の雪組「ファントム」が楽しみです。チケット取れるかしら・・・(= =;)

そうそう「リトルマーメイド」が10月から大阪来るそうです。
これは絶対見たいんですよね。
舞台装置がものすごく面白いので。<そっちかい
予定を確認しておかねば。

次の観劇はちょっと開いて19日。
早霧さんの「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」です。
そっからまた毎週行くけど(笑)。

雪の「凱旋門」は結局プレイガイドは全滅。
私の分は1回だけ確保出来てるんですけど、連れ1の分が取れませんでした。
雪組取れませんよねー。
今回のは理事と「凱旋門」てこともあるのかもしれんけど。
「ファントム」も取れんだろうなぁ。
貸切とかフル活用せねばなるまいて(- -;)
あ、そうだ、宙組のセディナもエントリーしとかなきゃ。

月エリザもチケ難必至だし。
もうエリザはこんなにしょっちゅうやらんでも、5年に1回とかでいいよ・・・。
[PR]
by 106yumeno | 2018-05-03 22:49 | 舞台・コンサート・イベントなど | Trackback | Comments(0)