人気ブログランキング |

雑記多感

zakkitakan.exblog.jp
ブログトップ

2019年 06月 23日 ( 1 )

久々2.5次元

b0079661_19441754.jpg

舞台「囚われのパルマ -失われた記憶-」を観てきましたー。
場所はサンケイホールブリーゼ、12時公演です。
今回はNさんと一緒です。
チケットもNさんに取ってもらいました。

つか、大阪千秋楽でした。知らんかった。
そして、アフタートークがあるのも知らんかった( ̄▽ ̄;)
どんだけテキトーに観に行っとんねん・・・。

Nさんとは早めにブリーゼ下のBougnat Bougnatで待ち合わせて、一緒にお昼を食べてから上へ行くことに。
ランチプレートが食べられるかなと思ったんですけど、11時からしかダメだとのことでサンドイッチにしました。
b0079661_19441744.jpg照り焼きチキンのサンドイッチ。
なかなかボリュームがあって美味しかったです。


2.5次元は久しぶりですー。
いつぶり?
BASARAぶりだっけ。いや、るろ剣ぶりかしら。あれ?999っていつ観たっけσ(..;)
そんな感じです(^.^;)ゞ
座席はA席、2階2B列10・11番。
全体が見渡せてとても観やすい席でした。

舞台はすごく見応えがありました。面白かったです。
脚本はかなりしっかり作り込まれてたと思います。
カプコンがガッツリ監修に入ってるんだろうなぁ。
ものすごく細かい資料が配られてたそうですので。

内容はゲームが始まる前のお話。
ゲームをしてる人もしてない人も楽しめるように配慮はされてるみたいでしたけど、何せ話が結構ミステリ寄りなので、予備知識なしに見るのはちょっとしんどいかも。
Nさんは全くゲームを知らずに観てましたが、始まる前にものすごくザックリした概要は説明しておきました(笑)。
そして、あのゲームを単なる乙女ゲーと捉えてるか、推理ゲームと捉えてるかで舞台から受ける印象は変わると思います。
客層は2.5次元系半分、役者目当て半分といった感じでしたね。
まあ、私も悠未さん目当てで行ったんだけどさ(^.^;)ゞ

お芝居はストレートプレイです。ミュージカルではありません。
あのゲームはミュージカルには出来んだろうて。元が暗いからな( ̄▽ ̄)
ストレートも久しぶりだなぁ。いつぶりだろう。
BASARAもストレートではあるけど、あれはアクション舞台だし。
最近は何でもミュージカルですしねー。

それはそうと、お話は暗いです。そして、とっても静かな舞台です。
BGMはゲームの音楽がそのまま使われてました。
こういうのはゲームファンには嬉しいですよね。
ハルトはとってもハルトでした。
役者さんは皆さんすごく作り込んでましたから、ゲームに出てくるキャラはほぼ違和感なしです。
政木さんは完璧。
もちろん悠未さんの狩谷看守もイメージぴったりでした。

やっぱり狩谷さんはスパイでしたし。
ただ、誰に雇われてるのかは謎のままです。
パンフの相関図にも「謎の組織」って書かれてたし。
そこが知りたいんだけどな・・・。
まあ、謎は謎のままで置いとくのがいいかもですけどね。

スパイといえば、狩谷さんとは別口の女スパイも出てきます。
狩谷さんは二重スパイだけど。
女スパイは新入り研究員になってましたけど、登場から「あ、こいつスパイだな」っていう分かりやすさでした(笑)。
ゲームとリンクするキーワードも随所に散りばめられてますから、ゲームを知ってるとより楽しめます。

研究員では久保田さんと郷田さんがすごくいいポジションにいましたねぇ。
特に私的には郷田さん。
ペットにモルモットを飼ってて、マウスの実験が苦手とか。
てかね、パルマのゲーム開発チームにはねずみ飼いがいるだろう、絶対。
refrainの須田看守といい、ねずみネタがリアル過ぎ(笑)。
須田さんとウチの相談員はいいハム友になれると思うんだけどなぁ。
そういう追加エピソード出ませんかね、カプコン様(笑)。

ハルトの両親の話も織り込みつつ、ベアトリーチェが完成し、ハルトがデータを削除して記憶を失うところまでが描かれてます。
ラストシーンは「たぶんこうだろうなぁ」って思ってた通りの終わり方してました。
新しい相談員と出会うとこでね。
観客が新しい相談員ですから。そういう繋げ方しかないだろうと思ってた通り。
綺麗にまとめてましたねぇ。
そのまま静かに出演者の挨拶につながっていきました。

舞台セットもシンプルで、装置が転換することもありません。
研究室と政木さんの部屋と研究所近くのカフェのセットがあって、そこを演者が移動するだけで場面が変わります。
舞台奥の高い位置に通路があって、そこで外部とのやりとりが行われていました。
BGMも必要最小限で、淡々とお話が進んでいきます。
いわゆる2.5次元というにはかなり異質な舞台ですが、とても上質な2.5次元を観せてもらった感じがしました。
「芝居を観た」と思える舞台でしたねー。
その分、2.5次元系の人達には、ちょっと物足りないかもしれないです。
エンターテインメント性には欠けますから。

カテコでは毎回2人の人にコメントをもらってるそうで、今日は政治家の八木沼役の間さんと、もう一人誰だっけな、篠木文乃(女スパイ)役の前島さんだったかな、でした。
間さんって本業はミュージシャンなんですってね。
めっちゃおもろい人でした。関西人だったよ。

アフタートークは何分くらいだったのかしら。
30分あったかなぁ。
結構短い気がしたんですが。
テーマを2つ決めてのトークでした。
1個は「失いたい記憶」でもう1個は何だったっけσ(..;)
よく覚えてないや。面白かったんだけど。

芝居の方は休憩なしの2時間です。
開演アナウンスで聞いた時は長いなと思ったけど、見終わった時には全然長いとは思いませんでしたね。

役者さんは悠未さん以外全然分からなかったんですが、パンフにも経歴とか全然載ってなくて、もしかしたらどっかの舞台で見てる人がいるかもしれません。
役者覚えないからねぇ(^.^;)ゞ

またパンフが高くてですね。
ほとんど読むとこがないんですけど2500円です(笑)。
普段この3倍くらいのページ数のを1000円で買ってる身としては「2.5次元でも高すぎるだろ( ̄△ ̄;)」と思いました。
さすが「課金がエグい」と言われるゲームの舞台だけあるわ(笑)。
まあ、確かに課金金額は高いですけど、天井のないガチャ課金と違って捨て金になることはないので、その辺は良心的なのかもしれませんな。

とにかく私としては面白かったです。大満足。
Nさん、声かけてくれてありがとーヽ(´◇`)ノ
この舞台がなかったら気になってたゲームすることもなかったし、refrainにハマることもなかったな( ̄▽ ̄)
ちょっと円盤が欲しくなってしまったので、オンラインショップで予約課金してしまいました(笑)。
東映ビデオから出るのね。贅沢だな。
届け日指定ができるので、11月13日発売なのですが、12月1日指定にしておきました。
ほら、11月は宙組と仕事で土日潰れる予定だし。

ところで、こういう舞台ならrefrainでもやりませんか、カプコン様。
チアキのスピンオフやろうよー。
今回のレベルで作ってくれるなら大歓迎ですぜ。

次の観劇は、花男ライビュが取れたので29日です。
次もNさんと一緒です。座席は違うけどな。

by 106yumeno | 2019-06-23 21:42 | 宝塚OG | Trackback | Comments(0)