雑記多感

zakkitakan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:宝塚OG( 13 )

NHKカルチャー

いやはや、昨日のブログ更新あたりから鼻づまりがひどくなりまして。
くしゃみもちょっと出るので、こりゃヤバいんじゃないのと思ってましたんですけども。
熱が出てる気配はないものの、心配になって計ってみたら36.8度・・・。
超微熱。
連れ1からのならA型だから高熱が出るはずだし、仮に熱の上がらないインフルだとしてもこんなに低いのはないじゃろと、普通の市販の風邪薬飲んで寝ました。
たぶん、インフルを回避したであろう安心感と週末の気の緩みで、普通の風邪が悪化したみたいです。
相変わらず気力と正比例する体調ですわよ(= =;)

明けて今日、熱は全く上がらず、鼻づまりも出かける前には解消され、マスク装着して行ってきました。
「樹里咲穂がこっそり教える『宝塚トリビア2017』」でございます。
内容はSNSはご遠慮くださいとのことなので、会場の扉を出た瞬間忘れましたが(笑)、めっっっっちゃ面白かったです。
同期の朝峰ひかりさんとのぶっちゃけトークです。
面白くないわけがない(笑)。
笑いっぱなしの90分間でした。

会場は悠未さんの時よりちょっと小さめの貸し会議室でした。
席数は横10席の12列あったかな。私は7列目。
生の樹里さんはすごい綺麗でしたよー(^o^)
今回のセミナーよりもっとコアな話が聞ける「宝塚歌劇を愛でる会」というのもやってらっしゃるそうで。
今月は風共がテーマだそうです。場所は池田のマグノリアホール。
そして、今年の6月には東京進出だそうですよ。湖月さんゲストで歌もあるとか。
東京は無理だけど、マグノリアホールの方は一回行ってみたいなぁ。

体調の方は、帰ってきて熱計ってみたら36.3度のど平熱に戻っておりました。
まだちょっと鼻声ではありますが。
今週は休むわけにはいかんのよ。人少ないんだから。
でもインフルで丸々1週間休めるのもちょっと魅力的であったり・・・。<おい
連れ1は3回ほどやらかしとりますけど。
私はまだ1回も感染ったことがありません。
でもあれだな、今回みたいなことがあったら大変だし、来年は予防接種受けといたほうがいいかもですね。
[PR]
by 106yumeno | 2017-01-22 20:01 | 宝塚OG | Trackback | Comments(0)

ヒロイン最強(ネタバレ注意。長いよ)

b0079661_10281353.jpg

柚希さんの退団後初主演舞台「バイオハザード ーヴォイス・オブ・ガイアー」。
昨日連れ1と観に行ってきました。
ラストパートのネタバレもしてますので、まだご覧になってない方は読まない方がいいかと(笑)。

今回の座席は1階13列24・25番。通路側席です。
このくらいの良席をヅカで当てろよな、私( ̄▽ ̄;)
オペラはほとんど使いませんでした。
バイオならゾンビの客席降りでしょう!と思ってワクワクしてたんですけど、結局ゾンビ以外でも客席降りはありませんでした。ちっ。

いつもの場内アナウンスのテンションが凄く低いんですよ。
抑揚もあまり付けない暗い喋り方で、あれも演出なんですかね。
終演後のアナウンスも同じで、その辺徹底してて「やるなぁ」と思いました。
そしてワンベルはエマージェンシーのサイレン。心音も入ってたような・・・。

「面白い」という言葉を使うと若干御幣がありそううですけど、面白かったです。
お芝居の内容としてはなかなか良作だと思いますが、観終わった時に感じたのは「これ、バイオである必要ないんじゃね?」という・・・。
バイオといえばゾンビですから、ゾンビの「音に敏感」という特徴を生かして歌が重要な位置を占めていました。
「バイオをミュージカルにする」ならそこに重点を置いたのはいいのかもしれませんが。

ストーリーは愛がテーマになってます。
男女の愛とか人間愛なんですが、テーマになってる割にはそこまで全面に押し出したものではなかったです。
まあ、私としてはラブストーリーにならない方が嬉しいですが(笑)。
芝居はいいけど脚本には難ありかなぁといった感じ(^^;)

アクションシーンは多かったですね。
もうヒロイン最強だろって(笑)。
記憶を失ってる設定ですが、体が覚えてて、てヤツですよ。
あ、ポスターで柚希さんが着てた白いコートの衣装はありませんでした。
銃も使ってましたが、リサは棒術が得意だったんですかね。
メイン武器は鉄パイプみたいなのでした。

そしてねぇ、ゾンビが素晴らしかった。
アンサンブルの方々の動きが凄かったです。
ゾンビの中心的な役割なのかなぁ、必ず女ゾンビがメインで出てくるんですけど、そのダンサーさんが凄い。
人間ってあんな動き出来るんだ・・・て思うくらいゾンビでした。
ダンスなので、ゲームの中みたいに緩慢ではなく、速い動きが多いですけどね。
役的には、あの女ゾンビはジルマのかーちゃんなんだろうな。
終演後に「ゾンビが怖い」って言ってるお客さんもいましたが、私は綺麗だなぁと思いました。

設定としては、リサが記憶失ってて、実は昔噛まれてゾンビ化しなかった少女でってのがあったと思うんですけど(何かのインタビューだかで呼んだ記憶が・・・。違ってたらごめんなさい)、劇中ではその設定がうやむやになってまして。
記憶は失ってますけどね。抗体のある少女だったってヤツがね。
そういう少女がいるっていう噂はあって、人をゾンビ化から救う手段として、その少女を探しに行くのが話の主軸になっていきます。
でも、それってリサじゃん?
結局その少女のいるはずの島はゾンビ化しちゃってて、少女も発病はしなかったけど、健康保菌者でそこから広がったんじゃないかという結論になってましたが。
少女も生きてないだろうと。
え?それでいいの?みたいな。
結局リサの記憶は部分的には回復しますが、肝心のところは戻ってないし。

ゾンビウイルスは国家機関(だったかな)のレベル4から漏れた人的バイオハザードってのは原作と同じです。
それに関わってたのがリサと相手役のダン(免疫学者)なんですが、ここんところの話は結局語られずじまいでした。
何だかんだで島に潜入したダンも噛まれて、一時的に仮死状態になる薬を使ってゾンビ化を免れるってことになります。
その薬を使うときに「無事に戻ったら全てを話そう」って台詞があったんですね。
で、何だかんだで無事に抗体が見つかってダンも助かるんですけど、記憶を失っとるんですよ。
で、結局リサも自分が何者かまでは思い出してないし、ダンも肝心な記憶が無くなってる(免疫学の知識は失ってないという都合の良さ(笑))のでレベル4の話が誰にもわからないという・・・。
んで、話の中盤くらいで分るんですが、リサ・マーチンって人は既に死んでる人で、何で現在のリサがリサ・マーチンを名乗ってるのかも分らないまま。
お芝居のラストは、ダンがワクチン開発のためにアメリカに戻ることになって、リサも自分の記憶を探しにアメリカに帰るってとこで終わります。

えーと、これでいいんスか?
広げた風呂敷がいっこもたたまれてないんですけど( ̄▽ ̄;)
たたもうとする努力も感じられなかったぞ。
ここまで書いてきて、最初に「芝居の内容は良作」ていいましたが、何か違うような気がしてきた(((( ̄▽ ̄;)

上演時間は休憩20分込みで2時間45分でした。
これ、後15分伸ばして、ラストのたたみをなんとかできたんじゃないのか?
「◯年後」とかでもいいからさ。
それとも続編作るつもりなのかしら?
・・・続編は絶対やめといた方がいいと思いますよ(= =;)

あ、でもね、歌は素晴らしかったです。
歌が重要なだけに、歌上手な役者さんを集めたみたいで、聞き応えは抜群です。
特に終盤のゾンビ化したクジラを引き寄せるために、海軍の兵士がみんなで歌う歌の凄いこと。
村人たちの音楽祭のシーンも素晴らしかった。
歌だけは、歌だけは文句なしに極上でした(笑)。

舞台美術も面白かったなぁ。
特にクジラのプロジェクションマッピングが大迫力でした。

カテコは何回だったかなぁ。3〜4回?
ダン役の渡辺大輔さんが柚希さんをお姫様抱っこしたりもしてましたね。
ラストは柚希さんが特大の両手投げキッスで締めてました。ぷはぁっていうくらい(笑)。

何かものすごい乱文で申し訳ないですが、本気で語り出したらこの倍くらいいきそうなんでやめときます(笑)。
ぶつくさ言うてますが、楽しめたのは確かですよ。
外部舞台はここらで一段落かなぁ。
来年の「王家の紋章」は観に行くつもりですけどねー。あゆっち出てるし。
あと、もし「パタリロ」が大阪に来たら絶対観たいです(笑)。
今年ほどは外部を観ることはなくなるかな。つか、回数減らせ、わし。

来週は星楽ライビュ。
何とかチケット取れました。
神戸まで観に行ってきますー。

[PR]
by 106yumeno | 2016-11-13 10:50 | 宝塚OG | Trackback | Comments(0)

久しぶりの蘭とむさん

b0079661_20444100.jpg

蘭とむさんを観てきましたーヽ(´▽`)/
「天使にラブソングを〜シスター・アクト〜」12時公演。
連れ1と行ってきましたです。

↑のプログラム、汚れが飛んでるように見えるのはホログラムPPのせいです。
こういう加工は綺麗だけど、スキャナー撮りすると汚くなるのよね・・・。

b0079661_2048552.jpgさて、梅芸だからいつもの上島珈琲(笑)。
今回はミックスサンドにしました。
さすがにいっつもここだから「次は違う店にしようや」と連れ1に言われてしまった(^^;)


b0079661_20504575.jpg劇場ロビーには、最近よく見るでっかいパネルは無く、お花が並んでおりました。
左3つは蘭とむさん、一番奥のは鳳蘭さん宛てです。

b0079661_20513146.jpg左から2番目のお花は、上のプレートが手作り感満載でした。
こういうのいいなぁ(^^)


今回の座席はA席。2階5列32、33番でした。
前が通路で、どセンターなので、とても観やすかったです。
開演前注意はデロリスからのメッセージ形式で。
最近こういうの流行ってるのか・・・。
まあ、ちゃんと聞いてくれるからね、こっちのほうが。

いやあ、ホントーにいい舞台でした(´-`)
めちゃめちゃ楽しいし、感動するし、素晴らしかった。
舞台の蘭とむさんを久しぶりに観て、ちょっとホロリとしてしまいました(笑)。
しかし、何だろう、あの女装感・・・。
まあ、今回のはデロリスがあの性格だし、黒塗りだからだと思いますけど(^^;)
声もちょっと低めだったからだろうなぁ。

実は私、映画の天ラブを見たことがないのです。
もちろん舞台も今回が初めて。
すごく楽しい面白い映画ってのは知ってましたが、見る機会がなかったのですよ。
だから、「尼さんが教会で歌って踊りまくる話」くらいにしか思ってませんでした( ̄▽ ̄;)
森公美で舞台になってたのは知ってたので、機会があったら観てみたいなぁとは思ってましたが、今回蘭とむさんとダブルだったので観に行くことにしました、蘭とむさんバージョンを。

しかしまあ、腰振り健在ですねぇ(笑)。
男性陣が腰振ってる振付けもありましたけど、誰よりもなめらかで色気満載でしたわ( ̄▽ ̄;)
歌も磨きがかかってましたなぁ。
でも蘭とむさんですら、高音域はちょっと弱いんですね。
やっぱ音域変えるのってものすごく大変なんだなぁと思いました。

そして、鳳蘭さん。
生で拝見したのは初めてですけど、存在感がものすごかったです。
カーティスのいかにも悪役な感じもよかったし、3バカがいい味だしてて可愛かったし、なによりエディがすごく好きですね、私。
そしてそして、メアリー・ロバート役の宮澤エマさん。
上手いですねぇ、彼女。
演技も歌も素敵でした。
帰ってからプログラムちゃんと読んだら、宮澤元首相のお孫さんだとか。
ハーフっぽいなぁと思ってたら、ホントにハーフだったし。

本当に最初から最後までとっても楽しい舞台でした。
こんなに面白いなら、森公美のも取ればよかったなぁ。

開演前に座席においてあったチラシセットの中に、ブレスレットにできるサイリウムが入ってて、「カーテンコールでお使いください」て書いてあったんです。
私のは袋から落ちて、既に床で光ってましたけど(笑)。
カーテンコールでは「みんなで歌って踊ろう」がありまして。
サイリウムを腕につけて一緒に踊って、すっごく楽しかったです〜ヽ(´◇`)ノ
b0079661_21291045.jpgサイリウム使ったのなんて、めっちゃ久しぶりです。
4時間くらい保つそうですけど、帰ってからもまだ光ってた(笑)。
9時間以上たった今もまだ光ってるよ。どんだけ保つんだこれ( ̄▽ ̄;)

b0079661_2131341.jpg帰りにはモロゾフカフェでパフェ食べてきました。
コーヒーゼリーの苦みと、アイスと生クリームの甘さがちょうどよくて美味しかった。

その後は、友人の全快お祝い会に行く連れ1と別れて、ちょいと買物して帰りました。

今回で私がヅカにハマった当時のトップさんのOG舞台は3人目です。
11月に柚希さんのバイオ観るから、後は龍さんだけたわ。
龍さんは退団後どうしはるのかはまだ分りませんけど、舞台があったら一度は観るつもりです。
ほら、一応全制覇しとかないとね(笑)。
何か元トップ娘も偶然観てるし(笑)。
「1789」でねねちゃん観たし、あゆっちはバッチさん舞台で観たし。
蘭ちゃんだけまだなんだよなぁ。
取れそうならエリザ観ようかしら。
いろいろ言われてるようですけどね(^^;)

先々週「星の次期トップはまだか」と書いたら直後に発表になりましたね。
遅ればせながら、おめでとうございます、紅さんヽ(´▽`)/
あ、探偵SAGIRI(違うから)は1回確保しました。夢組で。
で、重大なことに気付きまして。
9月の上旬に桜華を観たら、10月末の雪の夢組まで舞台が無いのですΣ( ̄口 ̄;)
一応、花バウと月バウもエントリー掛ける予定ですけど、あんなもん取れるわけがない。
そうなると6週間も空いちゃうのですよ!
取れそうならもう一回雪を入れるか、外部の何かを観るか・・・。
最近中毒気味なので、たぶん6週間空くのは保たない。<ダメすぎる・・・

大人しく家で録画消化しとれって話ですが。
もちろん万が一、バウが取れたら問題ないんですけどねぇ。
うーん、どうしようかなぁ。
[PR]
by 106yumeno | 2016-07-02 22:25 | 宝塚OG | Trackback | Comments(2)

東宝「1789」

b0079661_228256.jpg

東宝版「1789」観に行ってきましたー。
今回はフルメンバーのNさん、K田、連れ1、私。
宝塚版と色々変わってて面白かったです。
あ、最後の方にラストシーンのネタバレありますのでご注意下さい。

b0079661_2295225.jpg梅芸というわけで、いつもの上島珈琲。
今回はクラブハウスサンドにしました。


b0079661_2211461.jpg劇場エントランスには撮影用のパネルが。

プログラムは2200円でしたが、ヅカの倍ほどの厚さがあるので、コスパ的には同じくらいかしら(笑)。
舞台写真もたっぷり載ってます。
あ、↑の写真はずず黒くなってますが、1789の文字のとこは箔押しです。

座席はA席、2階6列29〜31番です。
連れ1の分だけ後で取ったので、B席の3階1列の上手端っこでした。席番忘れた。
役替わりキャストは、加藤ロナン、ねねちゃんオランプ、かなめさんアントワネット。

相変わらずねねちゃんは可憐でしたねー(´▽`)
安心して観てられたわ。
かなめさんは、男役の時の記憶が新しいので、見た目にはちょっと違和感ありましたけど、声はすっかり女性になってました(笑)。
特に歌は高音の方が安定してるというか、かなり高いキーまでしっかり出てましたね。
もともと高めの声だったので、男役の時の方が無理して低い音出してたもんなぁ。
現役の時よりも歌ははるかに安定してました。

そして、今回OG以外に楽しみにしてたのが家康のフェルゼン。<家康言うな(笑)
いや、友くんはBASARAでしか観たことなかったもので( ̄▽ ̄;)
あんな強そうなフェルゼン初めて見たわ(笑)。
そしてかなめさんとの場面のサイズ感ヤバすぎ( ̄▽ ̄;)
彼の歌は初めて聞きましたが、なかなか上手かったので安心しました。

どうしてもヅカ版と比べて見ちゃうんですが、いろいろ変わってましたねー。
まあ月組も1回しか観てないので、あんまり細かいことまで覚えてませんけど。
アントワネットの登場シーンはやっぱり幸子だったけど、衣装が全然違ってました。
ヅカはアリスのトランプの女王でルーレットだったけど、こっちの仮装は「虫」がテーマだったので花でしたから。
巨大なのは巨大でしたけどね。
ここはヅカ阪の方が良かったなぁ。

そして、楽しみにしてたボディパーカッションがなかった・・・。
普通のダンスに変わってました。ボディパっぽい感じにはなってましたけどね。
せっかく男優さんがいるんだからやってくれればよかったのに。
迫力あったろうになぁ。残念。

ヅカ版にない場面もありました。
住民が暴動を起すとこで女性だけのナンバーがありました。
あれはまったく覚えがなかったので、東宝版だけではないかと。

秘密警察の3人組はやっぱりバカで可愛かった。
そのおかげで王弟がお笑いにしかならんかったけど(^^;)
まあ、ヘンタイだったしな(笑)。
美弥ちゃんの王弟は、ヘンタイでもただただカッコ良かったですけどね。
あと、ペイロールさんの声がめっちゃ良くて。
ダントン役の人もめちゃめちゃいい声だったなぁ。

子役がめっちゃ可愛かったです。
シャルロット役の齋藤さくらちゃんがすごく上手かった。
演技も達者だし、歌も声量あるし音程もすごくしっかりしてました。
将来有望なミュージカル女優になりそうだけど、子役はわからんしなぁ。
上手く育って欲しいですね。
出番も台詞も少なかったけど、ルイ・ジョセフ役の鈴木和弥くんも可愛かった。
子役も役替わりなんですね。

舞台装置もすごく変わってて面白かった。
ヅカではセリが多用されてましたが、梅芸はあそこまでのセリはないので、ワイヤーで斜めに吊られたスクリーンパネルがその代わりになってました。
垂直に立ってる時は背景のスクリーンで、斜めに下がってくると舞台になるんです。
映像との組み合わせも面白かったですね。
いや、いろいろ見応えありましたよ。

ただ、ラストシーンでロナンがバスチーユの扉の鎖を切る時に、壁を登ってくのがあるんですが、そこがちょっと残念でした。
バックスクリーンには扉の映像が出てて、みんなが「ロナンが登って行く」って言うだけなんですよ。
鎖が切れたらスクリーンが倒れてきて、後ろからロナンが出てくるんですけど。
あそこ、ヅカでは龍さんがちゃんと壁登ってたよ?
まあ、そんなに高い壁ではなかったですけど。
せっかく男優なんだから登らせようぜ、小池先生(笑)。

もう1回観ても良かったかなぁと思いました。
東宝は高いから1回だけにしたんですけどね(^^;)
別キャストも気になるっちゃー気になるのよ。
お花さんは終わっちゃったのでもう遅いですけど。
まあ、いいか。外部でそこまで手ぇ出すとお財布が保たんわ。
現役生で手いっぱいです( ̄▽ ̄;)

今回はNさんが早く帰らないといけなかったので、観劇後はお茶だけしました。
梅芸近くの「ファクトリーカフェ」というレストラン。
喫茶としても使えるので穴場かも。
b0079661_2319686.jpgカフェラテ頼んだら、こんなかわいいラテアートが。

b0079661_23214399.jpgオレオパフェってのがあったのでそれにしました。
上にオレオが乗ってて、一番下にも砕いたオレオが入ってます。
見た目重そうだけど、アイスがメインなのでそんなでもなかった。


来週は2回目ミーマイ。
B席なんですよー。せっかく瀬戸さんジョン卿なのに・・・。
いいけど、観られれば。
来週が終われば観劇ラッシュも落ち着きます。
その後は2週間に1回くらいだし(笑)。
間に他の予定が入ってるので、結局毎週何かあるんだけどねー(^◇^;)ゞ
[PR]
by 106yumeno | 2016-05-28 23:47 | 宝塚OG | Trackback | Comments(0)

久しぶりの距離感

b0079661_16533722.jpg

昨日、Nさんと観に行ってきました、壮さん退団後初のミュージカル「エドウィン・ドルードの謎」。
原作はチャールズ・ディケンズで未完のミステリーです。
上演中に犯人をお客さんの投票で決めるという面白い演出。
結末は全部で288通りあるとか。
Nさんは既に東京で3回観てます(笑)。
劇場はサンケイホールブリーゼ。
すっごい面白かった(^O^)

b0079661_17153480.jpg観劇前にお昼を。
コンサートの時に行ったブーニャブーニャで食べました。
今回はサンドイッチセットにした。

b0079661_17221715.jpg帰ってから撮ったのでちぎれちゃってますが、入り口で犯人の投票用紙が渡されます。


b0079661_17174625.jpg劇場ロビーには今までの公演でどの人が何回犯人になったか、パネルが出てました。

座席は1階D列11、12番。4列目のめっちゃ良席です。
何かすごく懐かしい距離感で(笑)。
ヅカにハマって1年くらいはしょっちゅうこの距離だったよなぁ(´-`)
一応小さい方のオペラを持って行ってましたが、近すぎたので鞄から出しもしなかったわ。
しかし、この距離で壮さんの舞台観たのって、お披露目のベルばら以来かも(コンサート除く)。

客席参加型の舞台ということで、すごく楽しみにしてました。
犯人の決定以外にもお客さんの拍手やダーツで役割を決めるところがありました。
しかし、あれは役者さん大変だわ( ̄▽ ̄;)

開演前に、役者さんが客席を回って投票用紙の説明をしてはりました。
「開演前に〜、役者が客席をウロウロするミュージカル〜」ていいながら(^^;)

原作をそのままやるのではなく、劇団の上演する「エドウィン・ドルードの謎」のプレビユー公演という形で芝居は進みます。
なので、役者さんは本人役で出てきます。
「◯◯を演じる誰々」というふうに。
進行役は劇場の支配人。
途中でつっこみ入れたり、指導が入って演技をやり直したりと、結構グダグダな展開です(^^;)
おまけに役者に関するネタがいっぱい入ってて、どこまで台本でどこからアドリブなのかさっぱり分りませんでした( ̄▽ ̄;)
Nさんによると、ちょっとした台詞も毎回違ってたとか。
ネタが入り過ぎて、肝心の芝居のストーリーがよく分らなくなりそうですけど、元がすごく分りやすいので全然問題ありません(笑)。

相変わらず役者さんをなかなか覚えないのですが、ネタのおかげで、モーツァルの人とエリザベートの人とファントムの人が出てるというのは分りました(^.^;)ゞ
パファー役の人も見覚えあるんだけどなぁ。
声優の平野綾が出てまして。
名前は知ってて、ものすごく人気のあるアイドル声優だというのも知ってましたけど、見たのは初めてです。
しかし、上手いですねぇ、彼女。
あと瀬戸カトリーヌは知ってる(笑)。
瀬戸さんは歌がダメなのかしら。
犯人アピールの時も「歌無しの朗読劇が見たい方は」って言うてたし(笑)。
彼女の歌はほとんどなかったです。

1幕が終わり、2幕の途中までが原作の通りです。
その先は全て観客の決定で舞台の内容が変わっていきます。
あ、2幕の開始前に投票の仕方の説明がありました。
美人アンサンブル4人組が歌で説明してくれるんだけど、「タッチ」のOPの替え歌だった( ̄◇ ̄;)
東京はキャンディーズの「春一番」だったそうな。

絶筆のところでフィナーレ的なシーンが挟まって、役者の紹介が入りますが、その時、壮さんが怒って帰っちゃう演出があるんですね。
で、そこまで壮さんがエドウィンが死んだ後にやってた探偵役がいなくなちゃったので、その後の探偵役をお客さんのダーツ(ボールだけど)で決めるのが最初の客参加。
昨日は平野綾になりました。
探偵役になった人は犯人候補から外れます。
犯人候補は残りの7人で、最初の投票用紙の番号をちぎって投票します。
Nさんがネヴィルの犯人を観てないと言ってたので、最初からネヴィルに入れるつもりでしたけど、それまでの話を何のひねりもなく解釈すればネヴィルが犯人になるんですよ。
そのネヴィルが今までの公演で一番少なかったという(笑)。
まあ確かに、あたりまえ過ぎて面白くないか(^^;)

集計の結果はネヴィルでした。
みんな少ないから入れたのかしら(笑)。
そして、最後にハッピーエンドを付けましょうということで、カップル選びも客席に委ねられます。
候補者の中から、拍手の大きさでまず女性を選出。
パファーと美人アンサンブルが同じぐらいで、ジャンケンして決めてましたよ( ̄▽ ̄;)
結果はパファーでした。
次にその相手役をまた拍手で選出。
エドウィンの叔父のジャスパーと牧師のクリスパークルでまたジャンケンしてました。
結果、牧師に決定。
この組み合わせは初だそうで、その場で台本と打ち合わせが行われるという・・・。
結果は全部私の希望通りヽ( ̄  ̄)ノ
むっちゃおもろかった( ̄▽ ̄)

最後の最後はエドウィンは生きてました、ってことで壮さん再登場でフィナーレになります。
役者さんたちは本当に大変だと思いますが、ものすごく楽しませていただきました。
これは何回も観に行きたくなるわ。

壮さんは歌の高音がだいぶ安定してきましたね。
まだちょっと不安はあるものの、コンサートの時に比べるとずいぶんしっかり声が出てましたよ。
女優として男役をやるという設定(?)なので、全体的に声も高めでした。
ダンスとかはやっぱり宝塚くさかったけど(笑)。
あ、でも今回はわざとそうしてたのかな。
どっちにしてもヅカ出身者のダンスは特徴ありますからね(^_^;)

終演後は、Nさんが出待ちをするというので、ついでにギャラリーしてきました。
他のとこで時間潰してても良かったんですけど、“ファンクラブの人達”を見てみたかったので。
ヅカ出身者のファンクラブは基本が会と同じですから、どんな感じなのかなぁと(^^;)

そう思って見てたら、お手紙渡しが終わって壮さんが話し出したとたん、全員ザッとしゃがみはりました( ̄◇ ̄;)
すげー、これがガードか<いや、違うし(笑)
Nさんが東京で出待ちした時は人数少なくて、しゃがむことはなかったんだそうですが、昨日は人数多かったからかなと言うてました。
おかげで、列の後ろのベンチでぼへーっと座ってた私にも壮さんが見えましたですよ。
ホンマ楽しゅうございました。

さて、次はバンバイア。
よく取れたもんだ。Nさんの強運に感謝です。

北翔さんの退団も発表されてしまったし、また忙しくなるですよ。
発表された時「やっぱりかー(>_<)」て思いました。
専科に戻って欲しかったなぁ(ノ_<)・゜・。
「NOBUNAGA」は友の会の先着で1回確保しました。月は1回でいいか。
宙エリザは夢組2回エントリーしてるし、星も夢組で1回は確保するつもりです。
もちろん友の会でもプレイガイドでもエントリーしますけどね。
取れるかなぁ(>_<)
[PR]
by 106yumeno | 2016-05-01 19:10 | 宝塚OG | Trackback | Comments(0)

宝石たちと桜並木

b0079661_8353912.jpg

昨日は外部舞台観劇でしたー。
K田のダブり買いチケット救済です。
面白かったですよー(´▽`)

K田からは「『CLUB SEVEN』の若手版」と聞いておりました。
クラセンはチケ取りだけしたことがあります(笑)。
あゆっちと紫吹さんが出るので観てもいいかなと行ってきました。
なのでカテゴリは「宝塚OG」。
ブリーゼは壮さんのコンサート以来2回目です。

11時ごろにK田と待ち合わせてお昼食べて、時間あったのでブリーゼの下でお茶してから劇場へ。
b0079661_8424527.jpgばっちさん宛てのお花がえらいことになってます( ̄▽ ̄;)

b0079661_8434389.jpg紫吹さん宛てもあったけど、あゆっち宛てはなかったなぁ。
ダメじゃん、壮さん、送ってあげなきゃ(笑)。

b0079661_8443784.jpgなんかすごい巨大なパネルもあったんですけど・・・。

私が普通のカメラ持ってるのを見るや否や、K田がばっちさんの写真を撮れと。
b0079661_9443144.jpgで撮った写真がこちらです。
綺麗なデータが欲しかったそうな。
相変わらずダメになってるなぁ(笑)。


座席は2階G列24番。
かなり傾斜があるので結構観やすかったです。
ちどり配置ではないから、前の人の頭で上手舞台袖近くがまったく観えませんでしたけどね(^^;)
久しぶりのあゆっちの全開唄声に、ちょっとうるっときてしまいました。
元気そうな姿が見られて良かったわ(´-`)

紫吹さんを生で観たのは初めてです。
やっぱ元トップは纏ってる空気が違いますなぁ。
紫吹さんは宝塚の癖がまだ残ってるなぁという気はしましたけど。
あゆっちの方が宝塚くささは薄かったような。
まあ、男役さんと娘役さんでは抜け方も違うでしょうしね。

舞台は、1幕が「GEM CLUB」というショーハウスのオープンする前のスケッチ、2幕がオープニングショーという構成になってました。
ストーリー仕立てのダンスショーといった感じです。
「GEM CLUB」というだけあって、登場人物は全て宝石の名前がついてます。
あゆっちは「ルビー」、紫吹さんは「ダイヤ」でした。
若手以外にベテランの俳優さんも出てるわけでして、総支配人が玉野和紀さん、ダンスチームのチーフが原田優一さんでした。
私はどちらもよく存じ上げぬ方々でしたが。

若手も知ってるのはばっちさんだけだしなぁ。
ちょっと気になる人がいたんですけど、ばっちさんの隣にいた人。
つーか、プログラムの若手の最初に載ってたから、その人がメインなのかしら。
中河内雅貴って人です。
ていうてたら、本家銀英のミッターマイヤーやってた人だった。
観てるわ、私。
いやもう銀英は宙組で再生されるので、みっちゃんは海ちゃんなのですよ(^.^;)ゞ

そしてショックなことに、ばっちさんがシルエットだけで分るようになってた( ̄口 ̄;)
1幕最初の登場シーンは舞台の後ろからライトが当たってるので顔が見えないんですけど、「あ、あそこにいる」って思っちゃいましてね。
・・・いかん、K田の罠にハマっている( ̄△ ̄;)

ダンスシーンは楽しかったです。
タップやらタンゴやらストリートやらいろいろな種類が入ってて面白かった。
タップといえば、玉野さんの階段タップはすごかったなぁ。
そして、タンゴのとこでは、黒燕尾かっつー羽山先生バリの振付けで。
まあ、そこは本家男役さんの方がはるかにかっこ良いのですが・・・・ごにょごにょ。
原田さんが時々ヅカネタを挟んでくるし。
はける時に「あかし〜ろきいろ〜」とか歌うし。
思わず「そこの部分かよ!」って心の中で突っ込んだわ( ̄口 ̄;)
倒れる時に「フランス、ばん・・・ざい・・・」とか言うし。
周りのお客さんが無反応な中、1人でぶふって吹き出してました( ̄▽ ̄;)
原田さん、面白いわ〜。

「恐怖のワークショップ」コーナーもありまして。
食い倒れ太郎vsグリコとか、円周率覚えて発表とか、あそこは日によって何が来るか分らんらしいです。
食い倒れのとこでは、紫吹さんも「私も混ざればよかった」とか言うてたし。

2幕はオープニングショーの後はほとんどコンサート。
ヅカでいうフィナーレのようなもんですかね。
つかそっちの方が長かった(笑)。

全体通してなかなか激しい振付けも多くて、やっぱ男の子ばっかりというのは迫力ありますね〜。
いやー、面白かった。

さて、観劇の後は、ソワレも観るK田とは別れて連れ1と合流し、造幣局の通り抜けに行ってきました。
b0079661_10234465.jpgちょっと早いんちゃうかな〜と思ってたら、案の定さみしい風景。
まあ、来週の週末では散ってるだろうから、仕方ないんでしょうなぁ。
たぶん来週の半ば辺りが見頃かと。

b0079661_10253732.jpg咲いてるとこは綺麗だったんですけどね。

b0079661_10263285.jpg今年の花は「牡丹」です。
さすがにこれは綺麗に咲いてた。

b0079661_1027897.jpg唯一の枝垂れ桜も綺麗でした。

b0079661_10274162.jpgすでに散ってるとこでは地面が満開。

b0079661_1028841.jpgそして帰りにはお腹もいっぱい。
これ以外に毎年恒例の鳥串も食べました。


しかし、通り抜けも日本語以外がいっぱい飛び交ってましたねー。
そろそろ外国人観光客ブームもおさまってくれんかなぁ。

今日はこの後髪の毛を切りに行かねば。
いろいろやることあるので急がねば。

来週は星組のラストです。
まさこさん見納め(つд`)ノ・。
日曜日の貸切に行ってきまーす。
[PR]
by 106yumeno | 2016-04-10 10:39 | 宝塚OG | Trackback | Comments(0)

悠未さんの王子さま

b0079661_2151867.jpg

美女音楽劇「人魚姫」を連れ1と観に行ってきました。
場所は兵庫県立芸術文化センター・阪急中ホール。
とても綺麗な劇場でした。
b0079661_21553875.jpg入り口前のホールには悠未さんのファンからのお花がズラッと並んでました。

この逆サイドには主役の人魚姫役の青野紗穂さんへのお花が並んでます。
劇場内ホールには悠未さんの公式ファンクラブからの胡蝶蘭がこれまたいっぱい並んでました。すげー( ̄▽ ̄;)

今回の座席は1階S列21、22番。
初めての劇場だったので、どんな感じか全然分らなかったんですが、800席ほどの中ホールなので、後ろから2列目でしたけどとても観やすかったです。

しかし、美女音楽劇ってすごいネーミングだな( ̄▽ ̄;)
その名の通り、役者さんはすべて女性です。
悠未さんは王子にあたる船長役。
元は寺山修司さんが人形劇のために書いた「人魚姫」を舞台劇にアレンジしたものです。
人形も出てきますけどね。
舞台を寺山さんの出身地でもある東北の海になぞらえ、衣装は着物風です。
ちょっとしたセットに小さいねぷたとかも出てきます。
船長側は洋服ですけどね。
悠未さんはいかにも王子さまなブラウスでした(笑)。

そして、魚達が踊る時に手に持ってる小道具が、震災の遺物だったりするんですね。
地震が起こった時間を指した時計やアルバムや写真とかもありましたが、あれはちょっと分りにくいと思います。
公式サイトはチラシをそのまま載せただけのようなものでしたし、詳しいことが何も書かれてないんですよ。
私は宝塚ジャーナルの記事を読んでたので、舞台が東北の海になってることは知ってましたが、何も知らずに見る人にはすぐには分らないかもしれません。
登場人物の名前は外国のままですから。

演出はとても変わってて面白かったです。
弁士の語りから始まり、子役の女の子が客席から登場し、弁士にお話を聞く、という形で物語が進んで行きます。
その時、バイオリンを三味線のように弾いてるのにはビックリした。
あんな使い方があるんだ・・・。
もちろん、次のシーンからは普通にバイオリンになりましたが。
流れる音楽はアコーディオンとバイオリン、ピアノの生演奏。
海のシーンは不協和音を多用してたので、ちょっと気持ち悪くなりましたが。
私、不協和音って苦手なのです。
音の演出でとても効果的なのはわかってるんですけど、長く聞いてると気分悪くなっちゃうのです( ̄  ̄;)

海の表現とか、地上と海を同時に見せる時の境界の表現とか、布を効果的に使った物が多かったですね。
客席を使った演出も多くて、私の席は通路側だったので、すぐ横を役者さん達が通って行きました。
悠未さんも1回だけ通りましたよ。
相変わらずでかいよ、ともちん(^^;)

そして、役者さん達が通って行く時にいい匂いがするわけです(笑)。
たぶんお粉の匂いかと思うんですけど、魚役の人達はみんな同じ匂いだったので、統一したフレグランスを使ってるのかもしれません。
ともちんはちょっと柑橘系の匂いでした。<ヘンタイのようだわ、わし( ̄▽ ̄;)

主役の青野さんはまだ高校3年生だとか。
初舞台だそうですよ。
どこだったかに「圧倒的な歌唱力を持つ」って書いてありましたが、確かにかなり歌の上手い子です。
ただ、まだ喉が出来上がってない感じがしたのと、演技はまだまだだなという感じ。
まぁ、まだ高校3年生だし初舞台だし、あれだけ歌えるんだから、これからどんどん化けていってくれるだろうなとは思いました。
元々歌手のようですから、実力つけてとんでもない歌い手になりそうな予感はしますね。

悠未さんの歌は言うに及ばず。凄かった。
1幕はほとんど出番無かったですが、2幕で歌い始めるとやっぱ周りが霞みます。
ただ、だいぶ「男」は抜けてきたかと(笑)。
やっぱり雰囲気が柔らかくなってきてますね。
でも色気は健在です(笑)。
青野さんかわいそうに。
あの若さであの色気にさらされたらたまったもんじゃないわ( ̄◇ ̄;)

お話の筋自体は従来の人魚姫と変わりありません。
和洋折衷のとても不思議な雰囲気の面白いお芝居でした。
カテコは3回。
今日が千秋楽だったんですけど、これといった言葉でのあいさつはなく、お辞儀のみでした。
最後は前方の席の方々はスタオベでしたが、ちょっとそこまでとは思わなかったので、私は立ちませんでした。

観劇前に私的ハプニングがちょいとありまして。
靴の裏が剥げました。しかも全体がベロッと( ̄口 ̄;)
何かこういうことがよくあるんですよねー。
久しぶりに履くパンプスだったんで、出かける前に大丈夫か確認したんですけど、歩く衝撃に耐えられなかったようです。
前もムラで靴底剥げたんだよな・・・。
修理してる暇なかったんで、そのまま劇場に行って、帰りに靴買って履き替えて帰りました。
なかなか良い靴が見つからなくて、結局阿倍野まで戻ってから買ったんですけど(^_^;)
いかんわ。これから久しぶりに履く靴は近場にしよう。

心配なく歩けるようになったその後は、まだご飯には早かったので、デリスでお茶しました。
まだ連れ1の誕生日ケーキ食べてなかったのでついでに。
b0079661_22561715.jpg私はショートケーキ。

b0079661_22564137.jpg連れ1はフルーツタルト。

b0079661_2257571.jpgカフェオレのカップが可愛かったです。

これでお誕ケーキは終わりかと思ったら、何か作らないかんそうな。
簡単なケーキなら焼くけどさ。

そんなこんなで楽しい一日でした。
来週は「TOP HAT」来日公演。
いやー、観劇三昧ですわ。
[PR]
by 106yumeno | 2015-10-18 23:10 | 宝塚OG | Trackback | Comments(0)

壮さんコンサート

b0079661_11505341.jpg

先々週に引き続き、Nさんのお付き合いで行ってまいりました、壮一帆firstコンサート「Feel So Good」。
場所はサンケイホールブリーゼ。初めて行きましたよ。
マチソワ両方です(^^;)

↑パンフレットは大きくてスキャナに入らないので写真撮りです。
b0079661_13143717.jpgパンフの袋には壮さんのシルエットが入ってました。

b0079661_13153293.jpg中身はただの写真集(笑)。
まあ、コンサートパンフなんてそんなもんですけど。
後ろに壮さんのインタビューと演出家の挨拶、出演者のプロフィールが若干載ってるだけです。


b0079661_11543716.jpgマチネ開始が12:30なので、ブリーゼブリーゼのB2にある「Bougnat Bougnat」というお店でお昼を食べてから行きました。
私の食べたのは「チキンオーバーライスランチ」。
要するに洋風親子丼です(笑)。
なかなか美味しかった。
こういうお洒落カフェにしては結構量もあって、お腹いっぱいになりました。

開場時間ちょい過ぎにホールに到着したので、ちょっとグッス販売に出遅れたようです。私は並んでませんけど。
b0079661_121543.jpgエントランスには雪組子からのお花が。

座席はマチネが1階E列25、26番、ソワレがH列2、3番でした。
ほぼ逆サイからだったので、両方の見え方が楽しめました。

出演者は壮さん以外は全員男性です。
バンドのシンガーさんは女性でしたけど。
ファンミの時のお話にあったんですが、このコンサートは壮さんの「女性」を全面的に押し出す構成のため、他の出演者は全員男性なんだそうです。
共演者は村井邦夫さん、ダンサーの三井聡さんと西田健二さん、ゲストが葛山信吾さん。
村井さんはもちろん存じ上げておりますが、他のお三方は知りませんでした。
三井さんは月の「A-EN」の振付けをされてるそうですね。
コンサートというよりは歌とダンスとお芝居のミュージックショーといった感じでした。
お芝居の部分は朗読劇ですけど。
村井さんが父親、壮さんが娘の設定で、今までの壮さんの道のりをなぞらえたような筋書きの親子のやりとりです。
それが歌やダンスの間にちょこちょこ挟まりながら進んでいきました。

もうねぇ、村井さんが可愛くてお茶目でカッコ良くて(^^;)
何であの辺りのおっさん達はあんなに可愛いんだ( ̄▽ ̄;)
最初に壮さんの歌が2曲あって、村井さん登場なんですが、そん時の衣装が北海道の酪農家みたいなヤツで、第一声が「それにつけてもおやつはカ〜ル♪」でしたから(^^;)
ソワレではまたちょっと違うこと言ってましたけど。
朗読劇は父親が手紙を書くところから始まって、娘の人生の区切り区切りで短い会話が入るようになってました。
そのお父さんがくせ者で。
ダメなんですよ、ああいう親子のやりとりって。
特に娘を思うお父さんの不器用さとか愛情っていうのに涙腺が緩むもんですから。
ちょっとヤバかった。ソワレは2回目なんで大丈夫でしたけど(^^;)

村井さんを生で観たのは初めてです。
いかんわー。声がヤバすぎるわー。
歌も素晴らしいですねぇ。
マチネの時の最初のおしゃべりタイムで、壮さんが「今度目覚ましに声入れて下さいよ」って言ってた時に、「起きろ」って村井さんが言ったとたん、壮さん素でジタバタしてたもんな(笑)。
歌は3曲デュエットしてはりました。
いかん、壮さんのコンサートなのに村井さんのことばっかり書いてるわ(^.^;)ゞ

壮さんは音域をだいぶ上げて来てました。
話す声も高くするようにしてるそうでしたが、あんまり変わってなかったような。
歌はまだ高音が弱くて不安定なとこはありますね。
20年も使ってきた音域を変えるんだから、とても大変なことだと思います。
使う筋肉も違うそうですし。
もともと歌の上手い方なので、どんどん変わっていくと思いますが。

衣装もスカートやドレスが多かった。
登場の時は男役が残ってるようなドレスでしたが、場面が進むごとにどんどん女性度が上がって行きました。
最初の方のマリンルックでは、舞台上でロングパンツからホットパンツへの早変わりでお御足披露されてましたよ。
ロングパンツをダンサーさんがバリッと剥がしてホットパンツーって感じで。
マチネでは歓声が上がっておりました。
ソワレの時は皆さん2回目(笑)なのか、それほど声は上がってなかったなぁ。
マチネの座席が通路すぐのとこだったので、そのままの客席降りで太ももガン見してきました。
ものすごく足綺麗でしたわー(*´∀`*)

しかし、いくら衣装が女性でも、まだ男役抜けてませんねー(笑)。
ドレスでダンサー2人と踊ってるとこも、何か黒燕尾みたいで( ̄▽ ̄;)
キメ顔がもうねぇ、「壮さん、男、男出てる」と思いながら観てました(^◇^;)
しかし、痩せたなぁ。
ファンミの時も思いましたが、腕とかすごい細いんです。
東京のコンサートん時に、ちゃんと食事する時間がなくてかなり痩せたって言うてはりましたが、全然戻ってないんちゃうかしら。
退団したジェンヌさんって大体ちょっとふっくらされるんですけど、壮さんの場合、現役の時より痩せてるような・・・。
大丈夫かいな。

ゲストの葛山さんとのコーナーでは、お互い関西人てことでトークが面白かったです。
あ、違う。葛山さんは三重だ。まあ関西みたいなもんか。天気予報に地図出てるし(笑)。
葛山さんてめちゃくちゃ歌上手いんですね。ビックリした。
壮さんとのデュエット1曲とソロ1曲歌われてました。
ソロはマチネで尾崎の「I Love You」、ソワレがひろみ郷の「エキゾチックジャパン」でした。
ソワレは千秋楽だったので村井さんがフリーダム過ぎて。
葛山さんが大人なくせに生野菜が食べられないとかバラしたり、歌の途中にエアギターで乱入して来て、物まねの無茶ぶりとかしてましたよ。
もう面白すぎ(≧▽≦)

とにかく全てが楽しいコンサートでした。
Nさん、誘ってくれてありがとう!
2回観ましたが、金銭的にキツかったので1回は奢ってもらっちゃったし。
マチソワ間にケーキ食べたせいか、あんまりお腹空いてなかったので、晩ご飯はサイゼリアで軽く食べながら、ヅカ談義(笑)して帰ってきました。

あ、ブログカテゴリに「宝塚OG」を増やしました。
そこそこ観に行ってるし、普通のイベントやコンサートに分類するには内容がちょっと偏り過ぎてるし。
OGさん目当てで行ったものに関してはそっちにまとめました。
観に行ったものに実はOGさんが出てましたってのは入れてません。

さて、次は来月の星組「ガイズ&ドールズ」です。
そういや友の会からのメールでムラのチケット情報が来てましたよ。
そんなにチケット残ってるの?と思って見に行ったら、シルバーウイークはまだS席も残ってますね。
大丈夫か星組。
なんか雪組はすごく取りにくくなってるし。望海さん効果なんだろうなぁ。

しかし、これからの組人事はとっても心配です。
あー、いかん。これ書き出したらそれだけで1回分いってまう。
そこに関してはネタのない時にでも書きたいと思います(笑)。
[PR]
by 106yumeno | 2015-08-30 13:46 | 宝塚OG | Trackback | Comments(0)

壮さんファンミーティング

Nさんのお付き合いで行ってきました「SO CLUB ファンミーテイング in 大阪」。
場所はホテル阪急インターナショナル「紫苑の間」です。
ディナーショーやった会場だそうな。

望海さんのお茶会の時とは違い、内容とかお土産の写真をSNSに上げちゃダメという注意がなかったので、写真も載せたいと思います。
もちろんイベント中は撮影禁止ですから、開始前のものだけですが。
内容に関しては、いつものようにうろ覚えがほとんどなので、あまり当てになりませんです(^.^;)ゞ

b0079661_2218328.jpg入り口には壮さんの麗人の時の看板が。

b0079661_22212136.jpg会場はすごく広かった。
テーブル席で45番までありました。
その内42番と44番は無かったので、全部で43テーブル。
1テーブル12人なので516人ですか。
意外と少ないな。もっと多いかと思ってた。

b0079661_2225485.jpg私たちのテーブルは22番でした。
中央の金屏風の位置が舞台なので、なかなか良い席です。
テーブル内はどこに座ってもOK。
右側は既に席取されてたので、左側の見やすそうなとこを確保しました。
壮さんが入場の時も退場の時もすぐ側を通って行かれたので、我ながらいいポジショニングだったかと。

b0079661_22272769.jpg宝塚時代からお茶会にはケーキを必ず出すのが壮さんのこだわりらしく、オリジナルのデザートプレートが出てきました。
飲物はアイスティーです。

b0079661_22294517.jpgクリームの後ろには、壮さんのシンボル(?)のヨットとSの文字が入ったチョコレートプレートが。
クリームはヘーゼルナッツでした。
ケーキは何だったかな・・・。私が食べられたのでマンゴーではないはず。
右上のグラスはライチゼリーです。

どれも上品な甘さでとても美味しかった(´▽`)
てっきり始まってから食べるものだと思ってましたが、みなさん普通に食べてたので、私たちも開始前には食べ終わってしまいました。
ま、始まったら集中しないといけないもんね(笑)。

イベントのプログラムは
1.トークコーナー1
2.記念撮影
3.抽選会
4.ゲームコーナー
5.トークコーナー2
という構成です。
予定時間は2時間でしたが、最初のトークコーナーだけで3分の2くらいの時間を費やしてたので、少し押したんやないかしら。
終わったとき時間見てなかったので、どのくらい押したか分りませんが。

トークコーナーでは退団後の仕事のこと、プライベートのことなど色々楽しいお話がありました。
仕事のことについてはコンサートが中心になってたので、私にはよく分らんことも多かったですが(^_^;)
プライベートでは電車に乗ることが増えたとか、料理をよくするようになったとか、そういったお話が。
電車は現役のときもちょくちょく乗ってたそうですね。
お客さんの少ない時間なんかに自分の公演の吊りポスターの下で写真撮ったりしてたとか。
退団後しばらくはまだ宝塚に住んでたので、なるべく終演の時間に重ならないように気をつけてたそうです。
1回だけうっかり終演後の電車に乗ってしまったそうで、周り中キャトルの袋持ったお客さんだらけで、ひそひそ声で「壮さん」「壮さん」てのが聞こえてて、ドアから離れられなくなったとか( ̄▽ ̄;)
料理の話が出た時に、いきなりエプロン登場で、その場でクッキーのデコレーションをやらされてましたね。
そのクッキーは後の抽選会で3名の方にプレゼントされてました。
エプロンもサイン入れて1名の方に。

記念撮影はテーブルごとに壮さんを囲んで金屏風前で。
ヅッカヅカで読んだヤツですよ( ̄◇ ̄;)
写真は後日送ってもらえます。
チケットにテーブルナンバーの後にも番号がついてて指定席かと思ってたのですが、この記念撮影の立ち位置番号でした。
私たちは後ろの列だったので、絶対拝めないであろう壮さんの後頭部を上から見ることが出来て、ラッキーなんだかなんなのか(笑)。
絶対変な顔して写ってるぞー。
写真撮るのは大好きなんですが、撮られるのは大の苦手なのです(^^;)
皆さん慣れておられるので、あんなにたくさんあるテーブル分もあっという間に終わってました。

もちろん抽選会は何も当たらず(笑)。
続くゲームコーナーは、会場から抽選で選ばれたお客さん5人と壮さんで借り物競走をするというもの。
チーム競技ではなく個人競技です。
壮さんのみ負けた場合罰ゲームあり。
紙に書かれた3種類のものを会場の中から借りて来いと。
ほぼ集まったみたいですが、ノートパソコンとベジップス(壮さんの好物だそうな)は見つかりませんでした。
ベジップスは壮さんの担当だったので、結局壮さんの負けということで、罰ゲームに「女優ポーズ」をやらされてましたね。
て、女優ポーズって何やねん(^^;)

最後のトークコーナーはトークというよりはご挨拶的な。
今後の活動予定とか、どういう方向へ向かうのかとかそういったことを話されてました。
その中で一番印象に残ったのは「上手くまとめるような役者にはなりたくない」と言われたこと。
私はトップ時代の壮さんしか見てないのでえらそうなことは言えないんですが、すごく壮さんらしいなぁと思いました。
これからは「女優・壮一帆」として、感謝の気持ちを忘れず、真摯に謙虚にやって行くそうです。

退出時にお土産を頂きましたが、これが何と壮さん手ずからの手渡し!
不意打ちされて、Nさんは泣いておりました(^^;)
b0079661_23114747.jpgこちらがそのお土産とファンミーティングのチケットです。

b0079661_23123876.jpgお土産は壮さんの描いたイラストを使ったマスキングテープ2本組です。
こんな小さい物を手渡しなので、うっかりすると手が触れ合っちゃいますよ。
私は接触してませんけど(笑)。

b0079661_2314681.jpg裏っかわはこんなの。
うーん、私が持っててもしかたないので、Nさんに保存用に進呈しようかしら。

トーク上手の壮さんだけあって、とっても楽しいひと時を過させて頂きました。
29日のコンサートもすごく面白いそうなので、とても楽しみです。
[PR]
by 106yumeno | 2015-08-16 23:37 | 宝塚OG | Trackback | Comments(0)

ライブ・スペクタクル「NARUTO ーナルトー」

b0079661_14403923.jpg

久しぶりの土日連休でーすヽ(´▽`)/
いやー、2日休みっていいですねー(笑)。

というわけで、昨日行ってきました。ナルト舞台。
一緒に行ったのはNさんと連れ1です。
今回の座席は2階の7列11〜13番。
一番後ろでしたけど、結構観やすかったです。
いつも↑のプログラムはスキャナで撮ってるんですが、これ、A4ちゃうし。
スキャナ入らねーし。A4ノビかよ( ̄△ ̄;)
しかたなくカメラで撮りました。ので、いがんでます(笑)。

別にわたくし、ナルトのファンでも何でもないんですが、MOON SAGAの時と同じく悠未さんを観に行ってきました。
ちなみに漫画を読んだこともアニメを見たことも全くございません。
時代ものだと思ってたくらいですから( ̄▽ ̄;)
メインキャラの顔と名前と写輪眼がどんなもんか知ってたくらい。<偏り過ぎ
大蛇丸は知らんかった。
Nさんはちゃんと予習してはりましたけどね。
今さらあんな長い話読む時間も気力もないので、真っ白状態で行きましたですよ。
その方が脚本の善し悪しが分りやすいかと思ったもんで(笑)。
まあ、脚本・演出が児玉先生なので、その辺りは全然心配しませんでした。

面白かったですよー。
さすが児玉先生、映像の使い方が上手いですよね。
プロジェクションマッピングが多用されてますが、しつこいこともなく、映像とリアルがうまく融合されてました。
相変わらず面白い演出満載で、芝居以外でもすごく楽しめました。
トランポリンを使ったアクションとか、木登りのとことか、すごく面白かった。
そういや、撮影日でカメラが入ってました。
TOP HATん時といい、カメラに当たるのが続いてるなぁ。

話としては27巻あたりまでらしいです。
序盤はかなり細かいとこまで拾ってたらしいんですが、後半はものすごい端折りっぷりだったとか。
2.5次元はもともと原作知ってることが前提になってますから、話について行けないことが多かったりしますけど、別に置いてかれた感もなく、1本の芝居としてちゃんと成立してました。
たぶん原作読んでれば、背後の人間関係とかもちゃんと分るんでしょうけれど、序盤で細かくやってくれてたおかげで、あの舞台を観る分には問題ないと思います。
舞台観て、原作に興味が出れば読んでみて下さい的な。
もし2作目が決まって、また大蛇丸を悠未さんがやるなら、原作を読んでもいいかなと思ってます。

Nさん情報で「1幕の最後に悠未さんが歌う」って聞いてて、凄く楽しみにしてたんですが、歌というよりスキャット?
全て「アー」だけでしたから。
連れ1は「発声練習」って言うてた(笑)。
まあ「ミュージカル」やないしね(^^;)
Twitterで「すごい歌唱力」って話題になってたそうで。
また場の空気も変えてましたしねぇ、ともちん。
つか、あれは確かに全開で歌ってた。マイク負けてた(笑)。
とにかく久しぶりに悠未さんの本気の歌が聴けて大満足でした。

相変わらず役者さんも全然分らんかったんですが、見覚えのある顔がちらほらと。
名前とかは覚えがないんですけどね。
プログラム見てみたら、メインはテニミュの2ndシーズンに出てた人が大半で。
それならK田んちでいろいろ見せられてたので覚えがあっても不思議はないわなと思ってみたり。
で、ちょっと気になる人がいまして。
カカシ役の君沢ユウキさん。
声がすごい好みなのです(笑)。
最初、発声が他の人達とちょっと違ってたので「声優さん?」て思ったんですが、違うっぽい。
MOON SAGAにも出てたんですね。銀狼丸役だったみたい。
アニメのカカシ先生と声がよく似てるそうですな。
声といえばサスケの声もかなり好き(笑)。

最後のエンディングでは出演者全員でテーマソングを歌って終わりでした。
泣けるシーンもあり、笑えるシーンもありで楽しい舞台でした。
もっかい観てもいいくらい。
これで手数料込みでヅカ約1回分なら、だいぶお得かと思います(笑)。

さて、今月はこれで終わりですが、次はヅカでございますよ。
5月2日に月組行きます。1人で。
月の後はしばらく間開きますが。
うまくいけば6月上旬に引っ越そうと思ってまして。
その準備のために5月は予定を入れてません。
引っ越し終わったらガンガン入れるけどね(笑)。

星の全ツは全滅しました_| ̄|◯
やっぱ星の壁は高いのか・・・。
せめて大劇場は取りたいです(>_<)
宙の「王家に捧ぐ歌」は、まず1回は確保。
残るプレイガイドでもう1回、あわよくば3回目も狙ってます。
バウ公演も決まりましたしね。リトルチェリー、初主演おめでとう!ヽ(´▽`)/
もういろいろ観たいもの多すぎて、運と金が足りません。

星のチケ難は半分諦め気味なんですが、一番心配なのは宙組のチケットがどうなるのか。
今までは比較的取りやすかったんですよ。
これが、まなとさんトップに真風さんの組替えでどうなるか。
人気が出るのは嬉しいけど、取りにくくなるのは悲しいので・・・、複雑な心境でございます。
無理し過ぎないように頑張るけどね。
ああ、運が欲しい・・・。
[PR]
by 106yumeno | 2015-04-19 16:04 | 宝塚OG | Trackback | Comments(0)