雑記多感

zakkitakan.exblog.jp
ブログトップ

ナイルに流れて流されて

b0079661_22301918.jpg

「王家の紋章」観て参りました。梅芸メインホールで。
いやはや帝劇ですよ。高いのでA席ですよ。
A席でも9000円するもんな(;゚Д゚)
ネタバレありますので、これから観ようと思ってる方は読まない方がよろしいかと。

b0079661_22302015.jpgエントランスには久々に見たでっかいパネル。

b0079661_22302021.jpg階段上がったロビーには複製の原画が展示されてました。


さて、久しぶりの外部ですが。
バイオ以来かしら、半年ぶりくらいですね。
戦国ザ・リアルもありましたが、あれはアトラクションだしな(笑)。

なんで観に行ったかと言いますと、宮野イズミルが観たかったから(笑)。
あゆっちも出てますが、まも目当てなので今回のカテゴリは普通の舞台にしております。
もうねぇ、ビジュアル出た時から、あの変なイズミルが気になって気になって(笑)。
再演で大阪来るなら観に行くべかと行って来ました、1人で。はっきり行ってネタです。

今日のキャストは宮野イズミルと宮澤キャロル。
相変わらず役者を覚えないので、パンフの代表作見て「あ、観たことある人だ」と気づく始末です(^.^;)ゞ
座席は2階5列31番。
横通路のすぐ後ろのどセンターなので、とっても観やすかったです。

お芝居ですが、ちょっとうーん(´・_・`)て感じ。
手放しで面白いとは言えないかと。
音楽と歌は素晴らしかったです。
さすがのシルヴェスター・リーヴァイ氏ですから。
脚本は荻田浩一先生。
元宝塚の演出家だそうですが、私、この先生の作品は見たことないかも。

原作は知ってるものの、友達に借りて読んだ遠い昔の記憶ですから、ミタムンのことは覚えてなかったな・・・。
どこまで読んだんだったかなぁ。
一応今回の話のところまではぼんやり覚えてました。
キャロルが現代に帰ったところくらいで終わるのかなと思ってましたが、帰って戻って来ましたよ。

1幕で出会いから現代に一旦戻るまで。
水をろ過したり、サソリに刺されたメンフィスを助けたりといったエピソードが入ってましたね。
2幕は古代に戻って、ヒッタイトに捕まって戦争して、キャロルが死にかけてイズミルが撤退するまで。
キャロルはもう古代で生きて行く決心固めてます。まだ結婚してないけど。

しかし、スピード展開なのでメンフィスもイズミルもキャロルに超特急フォーリンラブです。
キャロルも、おいおい( ̄▽ ̄;)っちゅーくらいの早さでメンフィスに愛してるって言ってましたし。
そのおかげで、エジプトとヒッタイトとの戦争が、単なる女の取り合いの結果みたいになってました( ̄▽ ̄;)
もっと政治的なことあったような気がするんですけど、こんなもんだったかしら。
あ、ちゃんとミタムンの敵討ちは理由に入ってますよ。

ミタムンってあんな死に方したんですね。
全っ然覚えてないわ( ̄◇ ̄;)
結構序盤で死んじゃうんですけど、後々アンサンブルに混じってゾンビで出て来ます。
いや、焼け焦げた姿で出て来るのでゾンビっぽいんですよ。
動きもそれ臭い振り付けになってるしー。

イズミルさんは始終ナルシスト臭を振りまいておられました。
あんなナルシスキャラじゃなかったと思うんだけど・・・。
まあ、まもだから仕方ないか(笑)。
たぶんイズミルらしいイズミルはもうお一方の平方さんの方ではないかと思います、パンフ見た感じでは。
まもはまもで面白かったから全然問題ないですけど(笑)。

私が一番しっくり来たのはルカかなぁ。
メンフィスは原作に比べるとちょっとまろやかでした。
もうちょっと尖っててもいいと思うけどなぁ。

とにかく歌だらけの公演です。
歌の多さはエリザ以上かもしれません。
歌うまな役者さんを集めてますから、歌と音楽は聞き応えありますよー。
特にアイシスの濱田めぐみさんが素晴らしかった。
さすが四季出身。
アイシスって嫌な人だったはずなのに、メンフィスを思って歌う長いソロが切なくて感動してしまいました。
イムホテップの山口さんの声もいいですよねー。
もちろんメンフィスの浦井さんも素晴らしかったです。
まもも相変わらず歌上手いよね。
生歌聞いたのは初めてだけど。
キャロルの宮澤さんの歌はミュージカルの歌い方ではないので、少し浮き気味でしたが。
演技もちょっとアレかなと思ったら元AKBの人だったんですね。
声量あるし伸び代はありそうなので、これから頑張ってもらいたいところです。

歌続きでセリフ部分がほんのちょびっとしかなく(歌とセリフの掛け合いも多数)、歌詞を聞き逃すと流れがわかりづらくなるので、結構集中して観てました。
でも、原作知らんかったら辛いぞーこれ。
途中で「小柳先生連れて来い」とか思っちゃいましたし(笑)。

まあしかし、漫画原作でもさすがの帝劇ですから、その辺の2.5次元とは格が違いますわ。
舞台装置もなかなか面白かった。
生オケだったし耳福な時間ではありましたな。

カテコは4回だったかな。
1回目のハケる時にメンフィスがイズミルの手を取ってハケて行きましたよ( ̄▽ ̄;)
キャロルちゃうんかい・・・。
さすがに2回目以降はキャロルの手を取ってましたが、イズミルの手も取ってました(笑)。
浦井さん、おもろい人だ。

さて、今度の週末はいよいよ博多座です。
初日映像はスカステニュースで見ました。
理事も羽根背負ってましたな。
2回観るんですけど、どっちも2階なんですよね。
カルーセルでは客席降りもあるみたいだし、ちょっと残念かなぁ。
それでも初めての博多座、楽しんで来たいと思います。

というわけなので、次のブログ更新はちょっと遅くなります。
ノート持ってくので、ちょろっと感想は向こうで書くかもですが。
ちゃんとした更新は1週伸びる可能性大ですー。
[PR]
by 106yumeno | 2017-05-14 23:53 | 舞台・コンサート・イベントなど | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://zakkitakan.exblog.jp/tb/26856787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2017-05-15 01:06 x
ミタムンあんな衝撃的な死に方なのに覚えてないんかい…まぁ、40年程前の話しやしな…。
荻田先生は壮さんのコンサートですよ。まぁ、あれはコンサートやしな…。
博多座楽しんで来てねー!!
Commented by 106yumeno at 2017-05-15 06:20
うん、ミタムンの存在自体忘れてた。サイトでキャスト見て、そういや妹いたか・・・、て思ったくらい。
漫画、友達に借りて1回しか読んだことないんだもの。
壮さんのコンサートは荻田先生だったか。
まぁ、コンサートとお芝居は違うしなぁ。
いうてもコンサートみたいなもんだったけどね、歌だらけで。